2016年2月26日金曜日

ダメだよと言い聞かせるとじっと聞いている

コップのお茶をスプーンですくって、遊んで、手の平に溢そうとする。それはダメだよ、手が濡れちゃうよ、と話すと、こっちの目をじっと見ながら、動かず、じっと聞いてくれる。分かったらしくやらない。そのかわり、またやろうとしながら、途中で止めて、こっちをじっみる。いいかな、と言いたそうだ。ダメだよ、手が濡れちゃうよとまた話すとやらない。でも、またやろうとしながらこっちをじっとみるの繰り返し。すごい。何か頭のなかでたくさん考えてるようだ。でも少しして、少し目を離したら、手にこぼしてた。

0 件のコメント:

コメントを投稿